セキュリティラウンジ

■セキュリティラウンジ名古屋天白店
カーセキュリティの販売及び、取付しています。
カーセキュリティのことならお任せください!!

記事一覧(3)

GPSともブルートゥースとも一味違う見守りサービス【SANフラワー】

見守りサービスという商品、サービスは数多くありますが、SAN見守りサービスは絶対見つける、見つかるという意思を感じる商品です。その発見能力の高さを 人やペットを探す視点でGPSやブルートゥースのサービスと比較して紹介したいと思います。まず位置情報と言えばGPSですが、■GPSGPSは、ナビにも使用されており屋外では位置がピンポイントで地図に表示されるため非常に便利です。自動車の場合は、車速など他の情報も得ることができますので自車位置補正ができ誤差も少ないと思います。ただ、車よりも小さい人やペットを探すとなるとどうでしょう。屋外であれば精度は高いですが、屋根のある屋内に入ってしまった場合は、表示に誤差がでるようです。小学校に行ったはずなのに川の中を示しているなど事例としてはあるようです。最近では、Wifiやスマホなどの電波を使った位置補正もありますので期待できます。■ブルートゥースブルートゥースを使ったもの探しアプリやタグなどの商品も大変便利そうです。財布などにタグを入れて置くだけで、万一置き忘れしてもスマホに知らせてくれるアプリなども数多く存在します。テレビのリモコンをよく部屋で探すことになる方にはぴったりの機能だと思います。ただ、ブルートゥースの捜索可能距離が見通し50mほど(障害物がない状態の直線)であり、移動する人やペットを探すのには距離が短く苦労しそうです。障害物が多い市街地での捜索距離を考えると、実際20mぐらいと想像します。いなくなったペットが猫だった場合、猫の行動範囲は半径200メートルとも言われていますので、捜索に苦労しそうです。同じアプリを持った仲間のスマホにより位置情報が分かる仕組みもありますので仲間が増えると細かい位置まで分かりそうですが、アプリをインストールしてブルートゥースONにしておく必要があるという条件が厳しそうです。。そんな中、今回ご紹介するSAN見守りサービスはどうでしょうか?■SANフラワー見守りサービス①捜索範囲が広い(見通し1km以上、実用値数百mを実現しているところ)SANレーダーの●ボタンを押して範囲内にいれば発見となり、後はレーダーに従い進むだけ。どんどん距離が短くなり見つけることができる。②50センチまで探し物に到達できること子供が大型ショッピングモールなどで迷子になっても、建物内のどこのトイレのどのドアの中にいるかまで分かります。SANタグ、SANレーダーは、絶対見つかる、絶対見つける という意志を感じる商品です。